錦織 決勝で8連敗…「残りの試合を頑張りたい」

[ 2018年10月7日 17:02 ]

男子テニス 楽天ジャパン・オープン最終日 男子シングルス決勝   錦織0―2メドベージェフ ( 2018年10月7日    調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ )

<楽天ジャパンオープンテニス最終日 錦織圭・メドベージェフ>第2セット、いら立ちを露わにする錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子テニスの楽天ジャパン・オープン最終日は7日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、シングルス決勝で世界ランキング12位で第3シードの錦織圭(28=日清食品)は同32位で予選から勝ち上がってきたダニル・メドベージェフ(22=ロシア)と対戦。2―6、4―6のストレートで敗れて準優勝に終わり、16年2月のメンフィス・オープン以来のツアー優勝はならなかった。

 第1、2セットともミスが目立った錦織はこれで決勝で8連敗。試合後は「応援ありがとうございました」と観客にあいさつし「決勝まで来られて楽しかった。(今季の)残りの試合を頑張りたい 。来年(楽天ジャパンオープンに)戻ってきて、いいプレーができるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月7日のニュース