体操・北園 夏季ユース五輪開幕前のウエルカムセッションを満喫

[ 2018年10月7日 05:30 ]

夏季ユース五輪のウエルカムセッションで、現地スタッフらと交流する体操の北園丈琉
Photo By 共同

 原則15〜18歳を対象にした第3回夏季ユース五輪の開幕を翌日に控えた5日、ブエノスアイレスで選手を歓迎するウエルカムセッションが開かれた。体操の北園丈琉(大阪・清風高)は「他国の人にテンションの高さを感じた。これがオリンピックかと思った」と満喫した様子だった。

 大会は200を超える各国・地域から約4000人の選手が参加する予定。トランポリンの奥野有季(大阪学芸高)は「交流しやすい雰囲気」と笑顔を見せた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月7日のニュース