PR:

ロンドン五輪銀「フジカキ」が今季限りでの現役引退を発表

ロンドン五輪で、日本初のメダルとなる銀メダルを獲得した藤井瑞希(手前)と垣岩令佳。スタンドの応援団に手を振る
Photo By スポニチ

 2012年ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで銀メダルを獲得した「フジガキ」ペアこと、藤井瑞希(30)と垣岩令佳(29)が19日、今季限りで現役を引退することを発表した。

 2人は、青森山田高時代からペアを組み、06年全国高校総体での優勝を皮切りに、全日本総合選手権準優勝、カナダオープン、ドイツオープンで優勝。初めて臨んだ12年の五輪で銀メダルを獲得するなど、国内外で数々のタイトルを獲得してきた。

 今季限りでの現役引退を決意し、藤井は「とても満足いくバドミントン人生を送ることができました」とし、家族やスタッフなど周囲のサポートに感謝。今後は「25年間の現役生活で学んだことを生かし、どんなことにもチャレンジし続ける人生を送りたい」とコメント。

 垣岩も「けがもあり苦しい時もありましたが、どんな時も周りの方々が励まし、温かい声をかけてくださったおかげでとても幸せな選手生活でした」。今後は所属先の再春館製薬所の同部コーチに就任し「経験したことを伝えていきたい」としている。

[ 2018年9月19日 13:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月23日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画