76ersの新GMにエルトン・ブランド氏が就任 元ドラフト全体トップ指名選手が内部昇格で昇進

[ 2018年9月19日 11:03 ]

76ersの新GMに就任したエルトン・ブランド氏(AP)
Photo By AP

 NBA76ersの新GMに1999年のドラフトで全体トップでブルズに指名されたエルトン・ブランド氏(39)が就任した。同氏はすでに運営部門の副社長や傘下のマイナー、Gリーグのデラウェア・ブルーコーツのGMを務めていたが、内部昇格という形で昇進を果たした。

 76ersでは今年7月に前任のブライアン・コランジェロGM(53)が辞任。その後はブレット・ブラウン監督(57)がGM職を兼務し、新たな候補者を探していた。

 ブランド氏は2メートル3ながらパワーフォワードとセンターをどちらもこなせるプレーヤーとして活躍。ブルズ時代には新人王に輝き、NBAではクリッパーズや76ersなど5チームに在籍して1058試合(先発は868試合)出場した。通算では平均15・9得点、8・5リバウンド。2015年シーズンの76ersを最後に現役を退いていた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月19日のニュース