東京五輪・パラ 大会ボランティアに“日当”1000円支給

[ 2018年9月19日 05:30 ]

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、運営に携わる8万人の「大会ボランティア」に対し、自宅や宿泊先から活動場所となる競技会場などへの交通費相当額として、1日一律1000円をプリペイドカードで支給することを決めた。

 ボランティア検討委員会の清家篤座長は「予算の制約とボランティアの方々の利便性とのバランスを取った、最大限出せる額と理解している」と述べた。地方在住者らの東京または開催都市までの交通費や宿泊費は自己負担となる。また、ボランティアの愛称を応募者の投票で最終決定することも明らかにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月19日のニュース