PR:

白鵬11連勝で単独トップ 鶴竜に土、稀勢は3敗目

<秋場所11日目>逸ノ城(左)に押し出しで敗れた稀勢の里(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大相撲秋場所11日目が19日、東京・両国国技館で行われ、ここまで全勝の両横綱は、鶴竜が大関・栃ノ心に寄り切りで敗れ、今場所初黒星。白鵬は結びの一番で大関・高安を破り、無傷の11連勝とし優勝争いの単独トップに立った。

 10日目に9場所ぶりの勝ち越しを決めた横綱・稀勢の里は、関脇・逸ノ城に力なく押し出され3敗目を喫した。

 大関・豪栄道は正代を寄り切りで下し2敗を守った。

 これで全勝は白鵬、1敗で鶴竜、2敗で豪栄道と高安が追う展開となった。

[ 2018年9月19日 17:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月13日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム