PR:

高梨らの日本が2連勝 W杯ジャンプ女子団体第2戦

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会第2日は20日、山形市クラレ蔵王シャンツェで団体第2戦(ヒルサイズ=HS102メートル)が行われ、岩渕香里(北野建設)勢藤優花(北海道ハイテクAC)伊藤有希(土屋ホーム)高梨沙羅(クラレ)の平昌冬季五輪代表4人で臨んだ日本が761・7点で優勝した。W杯で女子のみの団体戦が初実施された昨年12月の第1戦に続いて2連勝。

 第1戦と同じメンバーで挑んだ日本は1回目に85・5メートルをマークした2番手の勢藤で2位から1位に上がると、その後は着実にリードを広げて圧勝した。高梨は93メートル、89メートルで、伊藤は89・5メートル、95メートルだった。

 2位に706・8点でスロベニアが続き、3位はロシアだった。

[ 2018年1月20日 18:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月19日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画