宮原知子 今季自己最高点もSP3位発進 樋口新葉は5位 GPファイナル女子

[ 2017年12月8日 19:41 ]

フィギュアスケートGPファイナル第2日女子SP ( 2017年12月8日    名古屋市ガイシプラザ )

SP3位発進の宮原知子(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル第2日は8日、名古屋市ガイシプラザで行われ、女子ショートプログラム(SP)に出場した宮原知子(19=関大高)は自己ベストに迫る74.61点で3位、樋口新葉(16=日本橋女学館高)は73.26点で5位に付けた。首位は77.04点のケイトリン・オズモンド(22=カナダ)。

 宮原は3回転ルッツ―3回転トーループ、3回転ループ、ダブルアクセルとジャンプを全て決め、自己ベスト74.64点にあと0.03点に迫る今季自己最高点をマーク。樋口も高さのあるジャンプで高得点を叩き出した。

 それでもトップツーがいずれも自己ベストをマークするハイレベルな戦い。宮原は首位のオズモンドに2.43点差でフリーに臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月8日のニュース