GPファイナル女子SPの首位はオズモンド「全体的には満足」

[ 2017年12月8日 20:32 ]

ケイトリン・オズモンド(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子ショートプログラム(SP)でケイトリン・オズモンド(22=カナダ)が77・04点の自己ベストで首位に立った。

 フリップ―トーループの連続3回転をダイナミックに決め、5項目の演技点でもコストナー(イタリア)に次ぐ高評価を得た。「全体的に満足している。フリーでも集中して、うまく滑っていきたい」と9日のフリーで初優勝を狙う。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月8日のニュース