白鵬 双葉山出身地・宇佐でしみじみ、子どもたちと稽古も

[ 2017年12月8日 05:30 ]

大相撲冬巡業

冬巡業で土俵入りを披露する白鵬
Photo By 共同

 大分県宇佐市は前人未到の69連勝を記録した横綱、双葉山の出身地。10年に歴代2位の63連勝を達成した白鵬も、過去に何度か訪れたことがあり「懐かしい」。7日は地元の子供たちに稽古をつけ、「思い出に残る巡業」と振り返った。

 双葉山は1968年12月に死去しており、今年は五十回忌。そのことについて聞かれると「(名横綱といえば)戦後大鵬、戦前双葉山と言いますからね」と、しみじみと話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年12月8日のニュース