タカマツが3年ぶりの優勝 バドのジャパンOP最終日

[ 2017年9月24日 18:03 ]

 バドミントンのスーパーシリーズ(SS)ジャパン・オープン最終日は24日、東京体育館で各種目の決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が金ハナ、孔熙容組(韓国)を2―0で下し、3年ぶり2度目の優勝を果たした。SS制覇は通算9度目。

 男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)はインドネシアペアに、混合ダブルスの保木卓朗(トナミ運輸)広田彩花(再春館製薬所)組は中国ペアに、いずれもストレート負けして準優勝だった。

 女子シングルスはリオデジャネイロ五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)、男子シングルスは8月の世界選手権を制したビクトル・アクセルセン(デンマーク)が勝った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年9月24日のニュース