山県亮太 10秒20で決勝へ 全日本実業団対抗選手権

[ 2017年9月24日 13:30 ]

全日本実業団対抗選手権最終日 ( 2017年9月24日    ヤンマースタジアム長居 )

<全日本実業団選手権最終日>100メートル予選、10秒18で準決勝進出を決めた山県(中央)
Photo By スポニチ

 陸上の全日本実業団対抗選手権の最終日が24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われている。

 男子100メートル準決勝に出場した山県亮太は10秒20(向かい風0・4メートル)3組1位で決勝に進んだ。予選は10秒18(向かい風0・2メートル)だった。

 飯塚翔太は準決勝10秒28(追い風0・7メートル)で1組1位。この種目にエントリーしていたケンブリッジ飛鳥は欠場している。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年9月24日のニュース