PR:

わずか1ポイント差…錦織「とても残念」ジョコ「圭を称賛する」

ジョコビッチと準決勝を戦う錦織(AP)
Photo By スポニチ

 テニスのイタリア国際は14日、ローマで行われ、男子シングルス準決勝で世界ランキング6位で第6シードの錦織圭(26=日清食品)は、3連覇を狙う同1位のノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)と対戦。3時間を越える熱戦の末、6―2、4―6、6―7で敗れ、初の決勝進出を逃した。

 試合後、錦織は「とても残念だ」と語った。「第1セットはアグレッシブに、とても良いプレーができた。1セット目の攻撃的なテニスがずっと続けられたら勝つチャンスもあった」と説明し、第3セットのタイブレークで序盤3―1とリードしながら追いつかれ、サイドチェンジ後にダブルフォルトと2本のミスショットで点差を広げられたことに関して「タイブレークではあまりに多くのミスをしてしまった。それが一番の敗因だ」ととしながらも、ジョコビッチと接近した試合を展開したことについては「前向きに考えたい」と語った。

 一方、錦織に1年前の同大会準々決勝の第2セット(6―3)以来のセットを落としたものの逆転で3連覇に王手を掛けたジョコビッチは、第1セットの第1ゲーム後のメディカルタイムアウトについて「足をラケットでかなり強くたたいてしまった」と説明。試合については「第1セットの彼は完璧だった。第3セットでは2度のブレークポイントで自分がより良いプレーができた」としながらも「試合後にスタッツを見てみたら、自分はたった1ポイントしか彼を上回っていなかった」と語った。実際、ジョコビッチが112ポイントを奪ったのに対し、錦織は111ポイントとあり「圭を称賛する」と語った。

[ 2016年5月15日 07:48 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月23日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画