NBA挑戦の富樫勇樹 足首ケガで今季絶望「しっかり治します」

[ 2015年3月24日 14:37 ]

富樫勇樹

 NBA入りを目指し、下部のDリーグ、テキサス・レジェンズに入団した富樫勇樹(21)が24日、自身のツイッターを更新。痛めた左足首の回復が思わしくなく「今シーズン中の復帰はできなくなりました」と報告した。

 「プロとしての海外挑戦1年目はもちろん結果には全く満足いっていません。ですが、日本ではできないことを毎日経験することができ、人としてもプレーヤーとしても大きく成長できたと思います」と心境。

 「今、自分がここでプレーできているのもたくさんの方々のサポートあってだと凄く感じます。これからもよろしくお願いします。今シーズンもたくさんの応援本当にありがとうございました。まずはしっかり治します」と治療に専念する。

 富樫は昨年11月21日、テキサス州フリスコで行われたサンタクルーズ戦でデビュー。同29日にはベーカーズフィールド戦で初得点となる3点シュートを決め、出場3試合目で自身最長の9分6秒プレーした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月24日のニュース