遼、43位も表情明るく「収穫の多い1週間だった」

[ 2015年3月24日 05:30 ]

最終ラウンド、14番でティーショットのクラブを離す石川

USPGAツアー アーノルド・パーマー招待最終日

(3月22日 米フロリダ州オーランド ベイヒルクラブ&ロッジ=7419ヤード、パー72)
 17位から出た石川遼(23=CASIO)は2バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの75と崩れ、通算5アンダーの43位だった。

 石川は14番で「ライが悪かった」とバンカーから1度で出せずダブルボギーを叩くなど不運にも見舞われ、今大会初のオーバーパーで最終ラウンドを終えた。

 それでも「一年の中でも収穫の多い1週間だった」と表情は明るかった。ここまで5週連続で出場したが次週は休養に充てる。「ショット、アプローチ、パットと全体的に練習したい」と意欲的だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月24日のニュース