7人制女子日本代表 リオへ最大のライバルは中国

[ 2015年3月24日 05:30 ]

 16年8月5日のリオデジャネイロ五輪開幕まで、24日であと500日となった。新種目として採用される7人制ラグビーでの出場を目指し、女子日本代表が日々鍛錬を積んでいる。

 リオ五輪のアジア最終予選は今年11月(場所未定)に予定されている。日本にとって出場枠1をめぐる最大のライバルは中国だ。昨年10月の仁川アジア大会決勝では2点差で敗れて金メダルを逃すなど目の上のたんこぶで、浅見ヘッドコーチも「中国の選手は平均身長が1メートル70台中盤。スピードもアジアでは圧倒的に速い」と警戒する。打倒中国への作戦は「ボール保持と運動量」だといい、年間240日とも言われる代表拘束期間を通じて、フィジカル強化にも取り組んでいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月24日のニュース