葛西は5位、2戦連続表彰台ならず…W杯男子個人第30戦

[ 2015年3月21日 01:14 ]

個人第30戦で5位の葛西(AP)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は20日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第30戦(HS225メートル、K点200メートル)が行われ、葛西紀明(42=土屋ホーム)は合計440・7点で5位だった。

 1回目に217メートルを飛んで6位につけた葛西は2回目は229・5メートルと距離を伸ばしたが、上位陣も距離を伸ばし、順位を一つ上げただけで、2戦連続の表彰台はならなかった。1回目に248・5メートルを飛んだペテル・プレブツ(22=スロベニア)が2回目も233メートルを飛び、合計478・5点で今季3勝目、通算6勝目を挙げた。

 その他の日本勢は伊東大貴(29=雪印メグミルク)が388・9点で19位、竹内択(27=北野建設)は384・1点で21位、小林潤志郎(23=雪印メグミルク)が373・7点で25位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月21日のニュース