またも3大関全員1桁 理事長苦言「ふがいないと言われても仕方ない」

[ 2015年3月21日 22:04 ]

 稀勢の里は白鵬の変化にあっけなく転がり、期待された熱戦とは正反対の結果となった。引き揚げると「情けないですね」とつぶやくのみで、険しい表情のまま無念さを押し殺した。

 やっと勝ち越しを決めた琴奨菊と豪栄道に並び、3大関は8勝6敗。昨年秋場所に続いて全員1桁勝利にとどまる屈辱となった。北の湖理事長(元横綱)は「3人とも白鵬に勝てない上に2桁勝利もいない。ふがいないと言われても仕方ない。番付が大関とはいえ、照ノ富士の陰に隠れてしまった」と強い口調で苦言を呈した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月21日のニュース