宮里美は暫定37位 日没で66人がプレーを終えられず

[ 2015年3月21日 12:25 ]

 米女子ゴルフのファウンダーズ・カップは20日、フェニックスのワイルドファイアGC(パー72)で第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われ、日没で66人がプレーを終えられなかった。宮里美香は第1ラウンドを69、第2ラウンドを71で回り、通算4アンダーの140で暫定37位とした。

 上原彩子は第1ラウンドを73、第2ラウンドで69とし、通算2アンダーで暫定64位。

 45位から第2ラウンドを出た2人は、宮里藍が8ホールを終えて通算3アンダーの暫定58位、横峯さくらは6ホールまでで同1アンダーの暫定83位。野村敏京は10ホールを終了し同4アンダー。

 張ハナ(韓国)が第2ラウンドの11ホールを終えて通算11アンダーに伸ばした。

 ▼宮里美香の話 ショットがすごく良かった。第2ラウンドもけっこうチャンスがあったけれど、パットをなかなか決め切れなかったのが残念。しっかりパットを沈められたら、ビッグスコアが出ると思う。

 ▼宮里藍の話 8番までプレーできて、思ったよりいけたので良かった。下りのパットが速く、2番はつい打ち過ぎて3パット。でもその後は、しっかりスピードをアジャストできたのが良かった。

 ▼上原彩子の話 本当に長い一日だった。せっかくバーディーを取ってもすぐにボギーが出て、なかなか流れに乗れなかった。最後まで粘った。

 ▼横峯さくらの話 ショットは悪くないけど、自分のフィーリングよりグリーンが速くて、3パットを2回もしてしまった。しっかりとグリーンのスピードに対応したい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月21日のニュース