石川 69とスコアを伸ばし23位に浮上、松山は55位

[ 2015年3月21日 09:03 ]

第2ラウンド、18番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える石川遼。通算5アンダーので23位に浮上した

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は20日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第2ラウンドが行われ、32位から出た石川遼は5バーディー、2ボギーの69とスコアを伸ばし、通算5アンダーの139で23位に浮上した。

 石川と同じ32位でスタートした松山英樹は1イーグル、1バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で通算2アンダーの55位に後退した。

 65で回ったモーガン・ホフマン(米国)が通算13アンダーで単独首位を守った。

 ▼石川遼の話 内容は良かったが、(後半に)ボギーが二つ来てからバーディーを取り返せず悔しい。ティーショットをフェアウエーに打てれば、そこからのゴルフは悪くならない。毎日アンダーパーを目指してプレーするだけ。

 ▼松山英樹の話 自分のやりたいことができなかった。いいところはあまりないが、結果的にパープレーだったのは良かった。予選を通過することは大事。3、4日目をやることで、これからのゴルフにつながってくる。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月21日のニュース