藍 プロ初ホールインワン 12歳以来!「いい思い出になった」

[ 2015年3月21日 05:30 ]

宮里藍は米女子ツアー・ファウンダーズ・カップでプロ初となるホールインワンを達成した

USLPGAツアー ファウンダーズ・カップ第1日

(3月19日 米アリゾナ州フェニックス ワイルドファイアGC=6584ヤード、パー72)
 4番でプロ初のホールインワンを達成した宮里藍(29=サントリー)が1イーグル、5バーディー、5ボギーの70で回り、横峯さくら(29=エプソン)と並び暫定33位だった。69の野村敏京(22=フリー)は暫定16位。雨で開始が4時間遅れ日没のため、66人が競技を終了できず、ともに4ホールのみを終えた宮里美香(25=NTTぷらら)はイーブンパー、上原彩子(31=モスフードサービス)は1オーバー。66のリディア・コ(17=ニュージーランド)ら4人が暫定首位に並んだ。

 宮里がエースを決めた。インから出て後半の4番パー3。168ヤード先のピンを狙い、得意のUTの5番を振り抜いた。「いい感触だった。近くについたと思った」。ピン手前2メートルに落ちるとそのままカップイン。「見えなかったけど、歓声で分かった。凄くうれしかった。いい思い出になった」。宮里は何度も両手を上げて万歳した。

 「プロになってから練習ラウンドを含めて初めて。最初にホールインワンしたのが12歳くらいの時。それ以降ずっとなくて。今回が2回目になります」。この日はパットが決まらず波に乗れなかった。前半の17番でバンカーに入れてボギーを叩くと、18番と後半の1番もボギー。「引きずらなかったのが良かった」と気持ちを切り替え、続く2番、3番で連続バーディーを奪った。その流れでたぐり寄せたホールインワンだった。この大会は12年、13年と2位で相性はいい。宮里は「2日目にもこの勢いをつなげたい」と力強かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月21日のニュース