元十両・武哲山の栗本剛氏が急死 42歳…東洋大牛久監督

[ 2013年7月21日 06:00 ]

死去した武哲山の栗本氏(1994年7月10日撮影)

 大相撲の元十両・武哲山(むてつやま)で、茨城・東洋大牛久高相撲部監督の栗本剛(くりもと・ごう)氏が急死したことが20日、日本相撲協会関係者の話で分かった。

 42歳だった。死因は不明。関係者によると、20日午前に茨城県内の自宅寝室で亡くなっているのを家族が発見したという。葬儀・告別式などは未定。

 栗本氏は兵庫県出身。兵庫・報徳学園高から中大に進み、90年にアマチュア横綱となった。93年初場所で武蔵川部屋から幕下付け出しでデビューし、94年名古屋場所で新十両。突き、押しを武器に十両には7場所在位し、98年名古屋場所限りで現役を引退した。

 引退後は筑波大大学院で学び、東洋大牛久高の教諭に転身。相撲部を強豪チームに育てた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月21日のニュース