40連勝以上は4人だけも、いずれも2番目の記録は43

[ 2013年7月21日 06:00 ]

大相撲名古屋場所14日目

(7月20日 愛知県体育館)
 大相撲界に「43の呪い」あり。

 長い歴史の中で過去に40連勝以上を複数回記録しているのは谷風、雷電、太刀山、白鵬の4人だけだが、ひとつは43で連勝が止まっている。谷風は63連勝を達成した4年後の1786年に、雷電は44連勝を達成した2年前の1797年に、太刀山は56連勝を達成した4年前にいずれも連勝が43で止まった。今回の白鵬も63連勝を達成した3年後に「43の呪い」にかかってしまった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2013年7月21日のニュース