斎川 五輪の雪辱!貫禄連覇でリオへ再出発

[ 2012年12月23日 06:00 ]

男子グレコローマン96キロ級で優勝した斎川哲克

レスリング全日本選手権第2日

(12月22日 代々木第2体育館)
 男子グレコローマン96キロ級はロンドン五輪代表の斎川哲克(26=両毛ヤクルト販売)が貫禄の連覇を達成し、16年リオデジャネイロ五輪に向け再出発した。

 ロンドン五輪は初戦敗退に終わった斎川が圧倒的な強さで連覇を達成し「まあ普通です。五輪で疲れることしてないので」と淡々と話した。五輪直前に欧州の大会で優勝したが、96キロ級に上げて1年足らずではパワー不足。今は8キロの減量が必要なほど体が大きくなっており、自信も生まれた。プロ格闘技界からもオファーを受けた26歳は「一年一年積み重ねていきたい」と4年後のリベンジを誓っていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年12月23日のニュース