チェコ出身・隆の山、4歳年上日本人女性と結婚へ

[ 2011年9月27日 06:00 ]

 体重98キロながら秋場所の新入幕力士として土俵を沸かせたチェコ出身の幕内・隆の山(28)=本名パヴェル・ボヤル、鳴戸部屋=が26日、千葉県在住の家事手伝い・野口珠美(たまみ)さん(32)と結婚することを発表した。

 知人を介した食事会で出会い、8年前から交際を開始。今年5月には長女・苺愛(まいあ)ちゃんが誕生し、秋場所千秋楽の取組後に師匠の鳴戸親方(元横綱・隆の里)に「結婚させてください」と懇願して、承諾を得た。

 結婚式の日程は未定。この日、千葉県松戸市の鳴戸部屋で対応した隆の山は「(第一印象は)明るくて話しやすい人」と説明。秋場所は5勝10敗で十両陥落が濃厚となったが「子供が生まれて頑張ろうと思って十両に上がった。もっともっと頑張って番付を上げたい」と奮起を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月27日のニュース