森田、強敵追いつめた「トップ選手との距離近づいた」

[ 2011年9月27日 06:00 ]

シングルス2回戦でマリオン・バルトリに敗れ、悔しそうな表情の森田あゆみ

東レ・パンパシフック・オープン第2日

(9月26日 東京・有明テニスの森公園)
 今年の全仏4強の強豪バルトリを相手に、森田は第2セット6―0と圧倒。最終セットにもつれ込んだが、最初のサービスゲームをブレークされ、リズムを狂わせた。

 それでも、フォア、バックともに両手打ちの同タイプの攻撃的な選手に、一歩も引かないストローク戦を展開。「以前の対戦は自分が守って相手ミスを待ってたけど、きょうは攻めることができた」と内容には合格点をつけ「トップ10選手との距離が近くなってるな、という手応えがあった」と笑顔も見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月27日のニュース