琴奨菊 大関昇進口上に「一」が入った四字熟語

[ 2011年9月27日 11:08 ]

大関昇進の伝達式を翌日に控え、記者会見する関脇琴奨菊

 大相撲秋場所で12勝し、大関になる関脇琴奨菊が昇進の伝達式を翌日に控えた27日午前、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で記者会見し、伝達式で述べる注目の口上に「一」の漢字を含む四字熟語を使うことを明らかにした。その上で「相撲と一緒で深呼吸して冷静に臨み、百点満点にしたい」と抱負を述べた。

 四字熟語には精神的な強さを重視する姿勢のほか、小学3年の時に相撲を始めるきっかけをつくった祖父の一男さん(故人)への思いを込めたという。「その言葉と一致するような行動と取組を目指したい」とも話した。

 昇進は28日午前の日本相撲協会の九州場所番付編成会議と理事会で正式決定する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月27日のニュース