女子100メートルでジーターが今季世界最高

[ 2011年6月6日 06:00 ]

 陸上のダイヤモンドリーグ第4戦プレフォンテーン・クラシックは4日に米オレゴン州ユージンで行われ、女子100メートルはカーメリタ・ジーター(米国)が追い風2・0メートルの絶好の条件下、今季世界最高の10秒70をマークして優勝した。

 女子800メートルは性別問題がクリアされた09年世界選手権の覇者、キャスター・セメンヤ(南アフリカ)が1分58秒88の2位。ケニア・シンクレア(ジャマイカ)が1分58秒29で制した。男子100メートルはスティーブ・マリングス(ジャマイカ)が9秒80で1位となり、ドーピング違反による4年間の資格停止が昨年解けたジャスティン・ガトリン(米国)は9秒97の6位だった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月6日のニュース