マラソン女子代表の尾崎、野尻が米高地合宿へ

[ 2011年6月6日 19:43 ]

高地合宿のため、出発する世界選手権女子マラソン代表の尾崎好美(左)と野尻あずさ

 陸上の世界選手権(大邱=韓国)女子マラソン代表の尾崎好美と野尻あずさ(ともに第一生命)が6日、約2カ月間の高地合宿を行う米コロラド州ボールダーに向けて成田空港から出発した。

 前回銀メダルの尾崎は11日にニューヨークで10キロ、18日に米イリノイ州で4マイル(約6・4キロ)のレースに調整の一環で出場予定。「レース感覚を維持しながら、合宿で距離を踏みたい」と、月間800キロ程度の走り込みを目標に掲げた。

 5月に先輩の尾崎らと世界選手権のコースを下見した野尻は「自分好みのコース。本番に向けて練習に打ち込みたい」と笑顔で意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年6月6日のニュース