上位進出ならず…野村はショット不安定、桃子はパットに苦しむ

[ 2011年6月6日 11:26 ]

米女子ゴルフツアー、ショップライト・クラシック最終日

(6月5日 ニュージャージー州ギャロウェー ドルチェ・シービュー・リゾート)
 上田、野村ともに崩れた。14位から出た野村はアイアンショットが不安定。11番(パー3)でティーショットを深いブッシュに打ち込み脱出に3回要し「7」の大たたきをするなど76で後退した。

 20位から出た上田はパットに苦戦、出だしの1番はカラーから“3パット”、2番も1・5メートルのパーパットを外して連続ボギー。後半も11番で60センチを外すなど立て直せずに75だった。

 2人とも18番はバーディーで締めくくり「次戦につなげたい」と声をそろえた。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月6日のニュース