×

オーストリア 34年ぶりオランダ撃破!欧州選手権1位通過での決勝T進出は同国史上初の快挙

[ 2024年6月26日 02:55 ]

欧州選手権1次リーグD組   オーストリア3―2オランダ ( 2024年6月25日    ベルリン )

<欧州選手権 オランダ・オーストリア>オランダを撃破し、決勝トーナメント進出を決め喜ぶオーストリア代表イレブン(ロイター)

 サッカーの24年欧州選手権(EURO)ドイツ大会1次リーグ第3戦、D組3位のオーストリアが同組1位オランダを3―2で撃破。同組他会場でフランスがポーランドと引き分けたため、勝ち点6で同組1位に浮上し1次リーグ突破が確定。欧州選手権での首位通過は同国史上初の快挙。国際Aマッチのオランダ戦勝利は90年5月(○3―2)以来34年ぶりの出来事となった。

 引き分け以上で1次リーグ突破が決まるオーストリアは、前半から攻勢を仕掛けると開始6分で先制に成功。プラス(シュトルムグラーツ)の左からのクロスが相手のオウンゴールを誘う“幸運”な形でリードを奪った。

 前半38分にはザビツァー(ドルトムント)が強烈なミドルシュートを放ちゴール脅かす場面もあったが追加点のないまま前半終了。攻守に躍動感あるプレーでオランダを枠内シュート0本に封じた。

 しかし後半2分、カウンターからハクポ(リバプール)にゴールを許し同点に。一転して攻め込まれる場面が増えるも同14分に再び勝ち越し。ゴール前に上手く飛び出したグリリチュ(ホッフェンハイム)が左サイド深い位置からクロスを入れると、ペナルティーエリア中央にいたシュミット(ブレーメン)が頭で押し込み2―1。これがシュミットにとって記念すべきA代表初ゴールとなった。

 同30分にはデパイ(Aマドリード)にゴールを許し同点に追いつかれるも、同36分に再び勝ち越し。スルーパスに抜け出したザビツァーが中央をチラッと確認しながら左足一閃。見事にコントロールされたシュートでニアサイドをぶち抜き3―2。終盤で三度リードを奪うと、そのまま試合終了。2勝1敗の勝ち点6とし決勝トーナメント進出を決めた。

 また、D組他会場ではフランスがポーランドと1―1のドロー。この結果、同組順位は1位オーストリア(勝ち点6)、2位フランス(勝ち点5)、3位オランダ(勝ち点4)、4位ポーランド(勝ち点1)に確定。オーストリアは4回目の出場で初の1次リーグ首位通過を決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月25日のニュース