×

プロ初得点の神戸DF山川「あ、間違えた!」 ポジショニングミスが奏功

[ 2022年5月29日 17:30 ]

明治安田生命J1リーグ第16節   神戸4-1札幌 ( 2022年5月29日    ノエスタ )

<神戸・札幌> 前半、先制点を決め大崎(右)、イニエスタ(左)の祝福を受ける神戸・山川 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 「あの景色は一生忘れることはない」―。前半17分にプロ初得点を挙げた神戸DF山川哲史(24)は感慨深そうに話した。CKの流れでこぼれてきたボールを、エリア外から右足一閃。地を這う弾道シュートは左隅に突き刺さった。

 ただ、この得点は“オチ”があった。

 「実はポジションを間違えていたんです」

 普段はゴール前で競り合う役目。だが、この日は通常、MF山口蛍が務める役目を任されていた。山口が欠場したため回ってきたのだが「本当はエリアの中からスペースを空けるために(エリア外へ)下がらなければいけなかった」と山川。最初はエリア内に向かおうとしていたが、慣れない役目で「あ、間違えた!」と勘違いした。さらにキッカーのイニエスタがモーションに入っていたこともあり、敵陣中央で足を止めて、その場でストップしていたことが初得点につながった。

 「空振りしなくて良かったです」。まさにケガの功名で奪ったプロ初ゴール。個人としても、チームとしても、運気が上がっている証拠かもしれない?

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月29日のニュース