×

守護神クルトワ 9セーブでレアルのCL優勝に貢献 兄弟の結婚式を欠席して決勝の最終優秀選手に

[ 2022年5月29日 09:32 ]

欧州チャンピオンズリーグ決勝   レアル・マドリード1―0リバプール ( 2022年5月28日    フランス・サンドニ )

9本ものセーブでレアルのCL優勝に貢献した守護神クルトワ(AP)
Photo By AP

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)はパリ郊外のサンドニで決勝が行われ、前身の欧州チャンピオンズ杯を含めて最多優勝13回を誇るレアル・マドリード(スペイン)が優勝6回のリバプール(イングランド)を1―0で破り、4季ぶり14回目の栄冠に輝いた。シュート数で3―23本とリバプールに圧倒されながら、後半14分に数少ない好機を生かしてビニシウスがゴール。この1点を驚異的なセーブを連発した守り切ったGKクルトワが試合の最優秀選手に選ばれた。

 殊勲の守護神は「今日は誰も私の前に立ちはだかる者はいなかった。何があっても優勝することになっていた」と振り返った。前半16分に相手FWサラーの最初のシュートを防いだことで波に乗ったといい「リバプールは素晴らしい試合をしたが、我々は1つのチャンスをものにした」と満足げ。前半21分にはマネのシュートに右手の指先で触ってポストに救われ、後半19分にはサラーの決定的なシュートを弾くなど9本ものセーブを見せた。

 決勝まで勝ち上がったことで試合翌日に控えていた兄弟の結婚式は欠席することになったが、結果での穴埋めを約束していたという。「月曜日(30日)には(婚姻届の提出など)民事婚があるので、そこには出席するよ」とクルトワ。最高の結婚祝いとなりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月29日のニュース