×

伊東純也 アジア最終予選3試合連続ゴール!カズ&呂比須と並ぶ史上4人目の快挙達成

[ 2022年1月27日 20:21 ]

カタールW杯アジア最終予選B組   日本―中国 ( 2022年1月27日    埼玉 )

<W杯アジア最終予選 日本・中国>後半、頭で合わせゴールを決めた伊東(右)(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 男子サッカー日本代表は27日、W杯カタール大会アジア最終予選B組第7戦で中国代表とホームで対戦。1―0の後半16分、MF伊東純也(28=ゲンク)が同予選3戦連発となるゴールを決めた。

 得点を決めた試合は過去6戦全勝の伊東にゴールが生まれた。長友に代わって途中出場のDF中山が左サイドから正確なクロスボールを蹴ると、ファーサイドに走り込んだMF伊東が頭で合わせゴールイン。貴重な追加点を決めた。

 これで史上4人目となる最終予選3試合連続ゴールを達成。94年予選の三浦知良、98年予選での呂比須ワグナーという偉大な先輩に肩を並べた。次のサウジアラビア戦(2月1日、埼スタ)では、前回18年予選のMF原口元気に並ぶ最終予選史上最多4試合連続ゴールへ期待がかかる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月27日のニュース