×

名古屋 GKランゲラックとMF稲垣がベストイレブンに選出 J新記録の21試合無失点を支えた2人

[ 2021年12月6日 19:32 ]

名古屋のMF稲垣
Photo By スポニチ

 Jリーグは6日、都内でJアウォーズを開催した。シーズン5位だった名古屋からは、GKミチェル・ランゲラック(33)とMF稲垣祥(29)の2選手がベストイレブンに選出された。

 今季は21試合無失点と9試合連続無失点、連続無失点時間823分のJ1新記録を樹立。その全てでゴールマウスを守った守護神は初受賞に「まず今シーズンはチームメイトに感謝したいです。このようなベストイレブンに選ばれたことは私にとって初めてのことであり、非常に光栄です。私の努力が認められたことは、大変意味のあることであり、とても嬉しいです。これもまた、チームメイトのおかげで感謝しております」と喜びを表した。

 そして豊富な運動量と的確なポジショニングが光った稲垣も初受賞。フィールド選手ではDF酒井高徳(神戸)、DF吉田豊(名古屋)に次ぐ3位の3349分出場を果たし、ボランチながらチームトップの8得点を挙げるなど“鉄人”ぶりを発揮した。優勝したルヴァン杯でのMVPと得点王も獲得。今季3つ目の嬉しい個人タイトルとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月6日のニュース