×

Jアウォーズ「ガッツポーズお姉さん」締めに込められた思いに「泣けました」「感動した」「来年こそ…」

[ 2021年12月6日 21:00 ]

<2021Jリーグアウォーズ>得点王に輝き表彰された横浜・前田(中)と川崎F・レアンドロ・ダミアン(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 Jリーグの年間表彰式「2021Jリーグアウォーズ」が6日に行われ、最優秀選手賞(MVP)には来日3年目で初の得点王に輝いた川崎FのFWレアンドロ・ダミアン(32)が初受賞した。なお、得点王とのW受賞は史上9人目。ベストイレブンにも初選出され3冠に輝いた。

 表彰式の最後に川崎FのFWレアンドロ・ダミアンが最優秀選手に選ばれ、壇上でチームメートに、家族に感謝の言葉を語り、コロナ禍での2年目のシーズンが終わった。しかし、ライブ中継された動画には続きがあった。

 「2020年から続くコロナとの戦い 2021年も選手たちは見えない敵とも戦い続けた」と始まったエンドロール。7、8月の過去最大のコロナウイルスの猛威…そんな苦境の中、ランゲラック、ウタカ、ダミアン…母国を離れてJの舞台で戦う男たちのインタビューとプレーする姿が流れた。

 「それでも我々は戦い抜いた」。スタジアムで躍動する選手、共に戦うサポーター、審判、スタジアムスタッフ…サッカーを愛するすべての人たちの力と思いがあってたどり着いた2021年シーズンの幕。すべての人に「ありがとう」とつづられた動画のラストには、ガッツポーズする姿が可愛いとSNS上で話題となった名古屋グランパスのサポーター「ガッツポーズお姉さん」。目を輝かせ、こん身のガッツポーズを繰り出し笑顔がはじける。

 このエンドロール、そしてラストに中継終了後にネット上で「泣けました」「泣くでしょ、泣くよ!」「今季もありがとう。お疲れさまでした」「ガッツポーズお姉さんが最後とは」「感動した。そうだ、来年こそは声を張り上げ、力いっぱいのガッツポーズがスタジアムでしたい」などの声が寄せられた。

 そのほかにも「前田選手、和装お似合いです」「大然袴カッコいい」など得点王にダミアンとともに輝いた前田が和装で出席したことに対する声も多かった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月6日のニュース