×

「正装をしてきました」前田大然、和服姿で登場 得点王獲得でチームメートに感謝

[ 2021年12月6日 21:31 ]

<2021Jリーグアウォーズ>得点王に輝き表彰された横浜・前田(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 Jリーグの年間表彰式「2021Jリーグアウォーズ」が6日に都内で行われ、通算23得点で今季の得点王に輝いた横浜のFW前田大然(24)が、自身初タイトルへの感慨を口にした。

 壇上には、ベストイレブンの中で唯一、和装で登場。「(服装は)何でもいいと聞いていたので、この場にふさわしい正装をしてきました」とりりしい表情で説明し、「僕はチームがあってゴールを取っていると思っているので、チームメートに感謝したい。今年は相手の怖いところに入っていけていたので、そこが要因かなと」とゴールを量産できた理由を振り返った。

 山梨学院大付高(当時)時代、素行不良で1年間部活を出禁になった。サッカーを辞めることも考えたが、夜行バスで大阪から3、4日おきに通って支えてくれた親、受け入れてくれた社会人クラブなどに支えられ、復帰した。パン屋での無償奉仕にも励んだ。そのときの感謝から周囲を助ける守備を今も続け、8月の大分戦ではスプリント回数64回のJ1新記録も樹立した。

 「チームを助けるために走っている。点を取るより、チームを助けるために1年間やってきたので、それがこういう風に結果につながって良かった」。長女の爽世(そよ)ちゃん(2)は「それいけ!アンパンマン」が大好き。試合前に約束したものを披露する、登場キャラクターのゴールパフォーマンスも大きな話題を集めた。セルティック移籍の交渉は大詰めを迎えており、栄冠が最高の“置き土産”となりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月6日のニュース