女子U―20、U―17日本代表 22年W杯出場決定 19年アジア選手権を予選扱い

[ 2021年10月16日 05:30 ]

 日本サッカー協会は15日、2022年に行われる女子のU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)コスタリカ大会(8月)、U―17W杯インド大会(10月)に、日本代表の出場が決まったと発表した。

 新型コロナウイルスの影響で各大会の予選が中止となったため、ともに日本が制した19年のU―19とU―16のアジア選手権を予選として扱うことをアジア・サッカー連盟(AFC)が決めた。このアジア選手権は20年に予定されていたU―20W杯、U―17W杯の予選を兼ねていたが、両大会とも21年に延期された末に実施されなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月16日のニュース