日本人4人メンバー入り Eフランクフルト対シュツットガルトは痛み分け

[ 2021年9月14日 05:30 ]

ドイツ1部   Eフランクフルト1-1シュツットガルト ( 2021年9月12日 )

シュツットガルト戦の後半、競り合うEフランクフルトの鎌田(右)(共同)
Photo By 共同

 4人の日本人選手がメンバー表に並んだEフランクフルトとシュツットガルトの一戦は痛み分けに終わった。

 EフランクフルトのMF鎌田はフル出場し、地元紙フランクフルター・ルントシャウは「彼の足が試合に絡めば常に危険となった。全ての特筆すべきアクションに関与した」と評価した。MF長谷部は出番なし。

 一方、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場し、DF伊藤は後半25分からピッチに立ったが、得点には絡めなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月14日のニュース