横浜・マスカット監督 名古屋との“ほこたて対決”へ「自分たちの良さをどれだけ伸ばせるか」

[ 2021年9月14日 16:25 ]

横浜のマスカット監督
Photo By スポニチ

 J1横浜は14日、次節のアウェー名古屋戦(18日)に向けた約1時間の練習を行った。今季の総得点がJ1トップの63得点と屈指の攻撃力を誇るクラブに対し、名古屋はJ1新記録となる今季19度目の無失点試合を狙う堅守が持ち味。8月のホーム戦では2―0で勝利した相手だが、マスカット監督は「また違ったゲームになる」と警戒し、「相手を尊重しつつ、自分たちの良さをどれだけ伸ばせるかに集中したい」と“ほこたて対決”を見据えた。

 この日は10日に再負傷したDFチアゴ・マルチンス、11日の広島戦で負傷したFW仲川、13日の練習中に負傷したMF天野が全体練習を回避。またDF小池も一部別調整となった。指揮官は「別メニューの選手たちも動けてはいるので、大きな問題にはなっていない」とそれぞれの軽傷を強調。逆転優勝を狙う残り10試合でも好パフォーマンスを維持するために「自分が大事にしたいのは信じる気持ち。生ぬるい気持ちを取り除く」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月14日のニュース