C大阪―浦項戦は日韓ガチンコ対決 ACL8強懸けて両者ベスト布陣か

[ 2021年9月14日 20:56 ]

戦いの舞台となるヨドコウ桜スタジアムで調整する浦項
Photo By スポニチ

 大阪で日韓ガチンコ対決が繰り広げられる。

 C大阪は14日、あす15日のACL決勝トーナメント1回戦浦項戦(ヨドコウ)に向けて大阪市此花区で調整し、小菊昭雄監督が公式会見に出席。13連戦の10試合目という過密日程ながら「ACLを獲得することでクラブ力、選手の力も伸びる。明日は勝って、次のステージに進みたい」と抱負を語った。

 一方の浦項も、ほぼベストの陣容で乗り込んできた。試合3日前の12日に来日し、この日はヨドコウ桜スタジアムで調整。練習は冒頭15分のみ公開され、1次リーグではケガで1試合のみの出場だったコロンビア人FWマヌエル・パラシオスら主力選手たちも汗を流した。

 浦項の韓国代表DF姜祥佑は「一発勝負なので、この1試合に全てを出し切ることが大事。重要さは分かっているし、90分間に全てを出し切って勝ちたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月14日のニュース