大迫 カンフーキック弾で初勝利「焦らず決めること考えてた」

[ 2021年9月9日 05:30 ]

W杯アジア最終予選B組   日本1-0中国 ( 2021年9月7日    カタール・ドーハ )

<中国・日本>前半40分、先制ゴールを決める大迫(左)(C)JFA
Photo By 提供写真

 まるでカンフーキックのように高く上げた足で、日本のエースFW大迫が決勝点を仕留めた。0―0の前半40分、右サイドをMF伊東が突破すると、FW大迫はマークを振り切って一気にゴール前へ。送られてきた高速クロスを右足ダイレクトで合わせて均衡を破った。

 「あれだけ相手が引くと我慢の時間が続く。焦らず、チャンスをしっかりと決めきることを考えていた」。今夏にドイツ2部ブレーメンから神戸へと移籍し、国内組として臨んだ今回の最終予選。オマーン戦では自身へのパスを封じ込められて全く仕事ができなかっただけに、期するものがあった。

 8月にドイツから帰国して自主隔離期間があったこともあり、まだまだコンディションは100%とはいえない。「神戸で結果を出さないと代表には呼ばれない。危機感を持ちながら、自分のプレーを出していきたい」。まずは新天地で確かな数字を残し、不動の存在として日本代表もけん引していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月9日のニュース