名古屋、自慢の堅守通用せず 首位攻防戦で連敗 DF中谷「レベル的に足りない」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

明治安田生命J1第12節最終日   名古屋2―3川崎F ( 2021年5月4日    等々力 )

<川崎F・名古屋>ガックリの名古屋イレブン(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 名古屋は川崎Fとの頂上決戦でまさかの2連敗。連勝すれば首位に立てたが、逆に勝ち点差を「9」に広げられて優勝戦線から大きく後退した。

 3点ビハインドから日本代表MF稲垣のミドル弾などで2点を返したが「地力の差で負けた。今の僕たちの力を認識した」と稲垣。4月29日には0―4と大敗しており、2試合で7失点を喫した。

 今季は既に10試合零封、823分連続無失点のJ1新記録も樹立するなど堅守を誇ったが、日本代表DF中谷は「無失点で積み上げてきたのが川崎Fに通用しなかった。レベル的に足りない」と唇をかんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年5月5日のニュース