日本代表・森保監督 セルビア1部退団の浅野は「裏切る人間ではない」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

男子サッカー日本代表の森保一監督
Photo By スポニチ

 日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督(52)が4日にオンライン取材に応じ、給料未払いなどを理由にセルビア1部パルチザンとの契約解除を発表した日本代表FW浅野拓磨(2)について話した。

 「事の成り行きを見守っていきたい」と問題の早期解決を願いつつ、広島時代からの教え子の人柄をよく知るだけに「拓磨は人を裏切ったりチームを裏切るような人間ではない」と語った。浅野は28日のW杯アジア2次予選ミャンマー戦から始まる代表活動の候補。必要に応じて練習場所を支援する意向も示した。

 また5、6月の代表活動について、シーズンオフの海外組は一定の休養を取る必要があり「個別対応していく。働き方改革です」と途中離脱する選手が出てくる可能性を示唆。海外組のみで臨むミャンマー戦は「日程的に(招集が)難しい選手がいる」と明かした。

 ≪パルチザン主将「人として失望」≫パルチザンのGKストイコビッチが浅野を批判したと地元メディア「B92」が3日に報じた。浅野退団後の初練習で他の選手と思いを共有したという主将は「裏切られたと感じている」と強調。報酬の未払いに関しては「弁護士ではないので」と言及は避けたが「人として、道義的な面で失望した。彼の決断は尊重するが(今季終了まで)あと20日待てなかったのか?」と疑問を投げかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年5月5日のニュース