無所属の元日本代表MF本田、新天地はアゼルバイジャンか「交渉は続いている」

[ 2021年3月6日 07:10 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 現在無所属の元日本代表MF本田圭佑(34)が、アゼルバイジャンの強豪ネフチ・バクーへ加入する可能性が出てきた。現地地元紙が5日、報じた。

 現地紙によれば、今回のオファーは本田側からの提示によるものという。シーズン終了までの契約となる見込みで、クラブ関係者の「正式決定ではないが、交渉は続いている」という談話も掲載した。すでにアゼルバイジャンに到着しているという情報もある。同クラブは首都バクーを本拠地とし、過去7回のリーグ優勝を誇る。

 本田は1月にブラジル1部ボタフォゴとの契約を解除。ポルトガル1部ポルティモネンセと契約したが、手続きの不備で破談となっていた。契約が成立すれば本田にとってはオランダ、ロシア、イタリアなど含めると8カ国目の海外挑戦となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年3月6日のニュース