湘南 ホームで黒星発進…VARによるPKで決勝点献上 浮嶋監督「オーバーアクションにも…」

[ 2021年2月27日 18:54 ]

明治安田生命J1第1節   鳥栖1―0湘南 ( 2021年2月27日    レモンガススタジアム平塚 )

<湘南・鳥栖>後半、鳥栖・林(左)にPKを決められ、がっくりの湘南GK谷(右端)ら(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 湘南がVARに泣いて黒星発進となった。後半29分に湘南の左サイドから鳥栖のMF飯野七聖(24)がペナルティーエリアにドリブルで入ったところをMF高橋諒(27)が対応し、飯野が倒れた。VARでPKと判定されて、これをFW林大地(23)に決められて決勝点となった。

 浮嶋敏監督(53)は「開幕戦ということで多くのサポーターが来てくれた。それに応えるべく、いいゲームをしようと思ったがこういう結果になってしまった。お互いに勝ちたい試合で、我々にこぼれてもおかしくないが」と、悔しそうに振り返る。VARについては「オーバーアクションにも見える。厳しいものだった」と表情を硬くした。今季から加入のMF中村駿(27)もアンカーの位置でフル出場。「この日を待ち望んでいた。ピッチに立てたが、何かできたかというとまだまだ」と、笑顔はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月27日のニュース