C大阪復帰の大久保 開幕弾に“一安心”「もう必死で…。次がない気持ちで入った」

[ 2021年2月27日 18:36 ]

明治安田生命J1第1節第2日   C大阪2-0柏 ( 2021年2月27日    ヤンマースタジアム長居 )

<C大阪・柏> 前半、先制点を決めガッツポーズのC大阪・大久保(中央) (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 C大阪は今季の開幕戦としてホームで柏と対戦し、2―0で勝利した。15年ぶりに復帰した元日本代表FW大久保嘉人(38)が開幕スタメンを飾ると、前半42分にDF松田のクロスを頭で合わせて先制点をマーク。後半40分には、ゴール前の混戦から最後はMF坂元が追加点を奪い勝負を決めた。

 試合後のヒーローインタビュー。ピッチに立った感想を問われた大久保は「最高に気持ちよかった」と語り始めた。

 「懐かしい気持ちで入りました。もう必死で…。得点を取りたいなという気持ちで。次がない気持ちで入りました」

 38歳で迎えたプロ21年目のシーズン。キャンプの練習試合などでは控え組だったが、開幕戦では先発起用された。

 「(サポーターの)皆さんも、まさかスタメンで出るとは思ってなかったからビックリしたと思いますけど(笑い)。点が取れたし、またこれからもシーズンは長いんで、熱い応援をお願いします」

 大久保らの活躍もあり、白星発進を飾ったC大阪。次戦は3月3日にアウェーで川崎Fと対戦する。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年2月27日のニュース