鹿島、微妙な判定に泣いた敗戦 ザーゴ監督は声荒げて「正しい判定がされなかったのが残念」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第25節   鹿島0―2名古屋 ( 2020年10月31日    カシマ )

名古屋に敗れ、肩を落とすGK沖(右から2人目)ら鹿島イレブン(共同)
Photo By 共同

 鹿島は上位進出へ手痛い黒星を喫した。開始早々の前半7分にPKを献上して失点。後半23分にはMFファン・アラーノが2枚のイエローカードで退場処分となり、数的不利な状況から試合終了間際に追加点を許した。

 勝ち点で並んでいた両チームの一戦は、球際で激しくぶつかり合い、微妙な判定もあった。ザーゴ監督は「サッカーの試合ではなく、ファウルゲーム。正しい判定がされなかったのが残念」と珍しく判定に声を荒らげた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月1日のニュース