ベールスホット・鈴木武蔵 三好と日本人対決 左で右で移籍後初2発の活躍

[ 2020年10月26日 05:30 ]

ベルギー1部   ベールスホット2-3アントワープ ( 2020年10月25日 )

後半、攻め込むベールスホットの鈴木武蔵(左)
Photo By 共同

 ベールスホット・FW鈴木武蔵が日本人対決で移籍後初の複数得点をマークした。

 25日、MF三好康児の所属するアントワープ戦で2試合ぶりに先発し、フル出場。前半25分に左折り返しを左足で押し込み3試合ぶり今季3点目を決めると、後半28分の速攻で右折り返しを右足ダイレクトで蹴り込んだ。三好はリーグ3試合連続で先発し、得点に絡めないまま後半10分に退いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月26日のニュース