FC東京・原 “怪物”オルンガに学ぶ「常にゴールに体が向いている」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

FC東京・FW原
Photo By スポニチ

 東京五輪世代のFW原が“怪物”から学び、リーグ最終盤の注目株となる。

 28日に対戦する柏には得点ランキングで独走するケニア代表FWオルンガが在籍。ともに1メートル90を超える長身という共通点もあり、映像でプレーを勉強しているという。「オルンガ選手は常にゴールに体が向いている。(ボールの受け方が)足元だけにならず、最終ラインの裏を狙い続けている」。良い部分を貪欲に吸収し、チームを勝利に導く一発を決める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月26日のニュース